明るい未来♪ 幸せになるために

皆さん、イザベルは無事に入所しました。
d0326056_629556.jpg

ハーネスをつけた姿は本当に凛々しく
わたしが知っているイザベルの中で一番立派に見えました。

パピーウォーキング修了式の様子
私の思いなどは
ゆっくり日記に書きたいので少しお時間ください。

でも、その前にどうしても私が皆さんに伝えたいと思った事があります。
少し長くなりますが、
読んで頂けると幸いです。

私が伝えたい事

それは、盲導犬は幸せだということ。

盲導犬はかわいそう・・・
そう感じている方が世の中には沢山いらっしゃるかも知れません。

実は、私もその一人でした。

私は犬が好きなので、
犬が我慢をしているのではないか?
自由ではないのではないか?

と思っていたからです。

でも、それは違うということがよく分かりました。

盲導犬になる子はその仕事が好きな子だけなんです。
なので、どんなに能力が高くても
どんなに賢くても
盲導犬の仕事にストレスを感じてしまう犬は
盲導犬にはなりません。


犬にとっても毎日の事です。
楽しくないと
人の命に携わる大切な仕事を
与えるのは難しいでしょう。

でも、それが楽しい!と思えるわんこ達だから
ユーザーさんも安心して盲導犬と歩く事が出来ます。

それはとてもとても素晴らしい事です。

盲導犬になるかならないかは
それは犬が決める事。
訓練士はそれを見定めるのだと
前に訓練士さんが話して下さった事があります。

その意味が今は物凄くよく分かります。

なれなかったら
普通の家庭犬になったり、PR犬になったり
路頭に迷うような事は決してありません。


実は娘はこの夏休みの自由研究に盲導犬の事を書きたいと言っていて
その為に富士ハーネスの皆さんにアンケートにご協力頂きました。

そのアンケートを昨日入所式の後に頂き家路につきました。

富士ハーネスの皆さんお忙しいのに本当に丁寧に娘の疑問に答えて下さって
ありがとうございました。

でもこのアンケートを読ませて頂く事で
イザベルを手放したばかりでぽっかりと穴が開いた私達家族の心が
安心という気持ちで埋まって行きました。

富士ハーネスのスタッフの皆さんそれぞれが
本当に本当に愛情深く、そして志が高く
仕事に対してとても真摯に向き合っていらっしゃる。
その事を改めて知る事ができました。

だから、イザベルは大丈夫。

パピーウォーカーがどれだけ犬を大事に育ててきたか
スタッフの皆さんは痛いほどご存知です。

だから、イザベルを安心してお返しする事が出来ました。

d0326056_7374375.jpg


盲導犬が育成されるまでの道のり、育成されてからの生活、
そして引退後と
どこにいても、
誰といても、
ずっとずっと彼らは深い愛情に包まれた生活を送る事が出来ます。

産まれてから2ヶ月までは母犬と兄弟犬と一緒に
ケンネルスタッフの方々に大切にお世話してもらいます。

その後は皆さんご存知のように
私のようなパピーウォーカーが
悪戦苦闘しながらも人と暮らす事の素晴らしさと
溢れんばかりの愛情を注ぎ

そのバトンを次は訓練士さんにつなぎます。

訓練士さんとのと訓練は
犬にとってとっても楽しい事。

それはイザベルが訓練士さんをどれだけ好きかで
皆さんも分かって頂けると思います。

そしてユーザーさんとの生活。
ユーザーさんとお留守番が全くない生活
他の犬が行けないところも
盲導犬は一緒について行けます。
盲導犬協会の方も定期的にユーザーさんとわんこを
サポートしてくださっています。

引退後も
引退犬として大切にしてもらえます。
パピーウォーカーが引き取れることもあります。
(私はここをひそかに狙っています 笑)

全ては
目の見えない方、見えにくい方が
普通に外を歩けるように。

その思いのもと
こんなに沢山の方々が関わっている。

それは本当に素晴らしい事だと改めて感じました。

イザベルには明るい未来が待っています。


盲導犬候補犬 イザベルは

どこにいても、誰といても

ずっといろんな方々の愛情に包まれて、ずっと幸せでいられます。

イザベルの明るい未来の為に。
イザベルを待っている方々の明るい未来の為に。

そして
みんなが幸せになる為に。

d0326056_744566.jpg



富士ハーネスの皆さん、イザベルのことを
よろしくお願いします。

次は入所式前夜、そして当日、
パピーウォーカーをやった私の気持ちや思いを
日記に書きたいと思います。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-28 07:51 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(4)

Commented at 2014-07-29 18:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomopurijpn at 2014-07-29 20:20
鍵コメさん

ね、本当に日増しに寂しさがひしひしと・・・・何かするたびに、ああ、そうだいないんだ・・・とか
夕方になって他のわんこが散歩しているのを見たら、
あ、散歩にいかなきゃ・・・あ、いないんだ・・・とか
元気かな~?
ご飯食べてるかな~?(絶対食べてるけど)
とか考えますね。。。
連絡先ありがとうございます。
今私の携帯に入れたので、多分LINEで繋がるかな??
またゆっくりメールしますね。
ありがとうございました。
Commented by paosue517 at 2014-11-24 19:30
私の言いたい事がここにまた明確に綴られてて感心します!
私の周りでもワンコを飼っている人からも何度となく聞かされた
「盲導犬はかわいそう」…私は憤りとすぐ涙が出そうになって上手く説明出来ず…「かわいそうなんて言ったらユーザーさんが勇気を出して盲導犬と歩こうとしてる気持ちが折れてしまうんですよ!怒られる事なく遊ぶように誉められながら指示を覚えて、それが何より楽しいと思える仔が盲導犬になっていくだけです」と答えられるようになったのは最近です。
Commented by tomopurijpn at 2014-11-24 20:31
ジゼルママさん

ああ、駄目ですね、この日記。自分が書いたのですが、読み返すとイザベルを見送ったあの瞬間を思い出します。(涙)
盲導犬への理解、難しいですよね。
私もPWをやらなかったら、かわいそうと思っていたかもしれないです。知らない事が沢山あるなかで、知ろうとする努力をする事と、そういう努力をしなくても、普通に理解出来る事があると思うのですが、
盲導犬に関しては知ろうと努力しないと正しく分かってもらえないことなのかなと思いました。
なので、盲導犬について聞かれたらしつこいくらいに熱弁ふるっていました(笑)
その気持ちは娘にも伝わったしまいました(苦笑)
こうやってPWになって私も沢山勉強させてもらって、本当にいいことずくめですね。
いろんな意見があり、全ての人に盲導犬を理解してもらうのは難しいかもしれませんが、一人でも多くの方が正しく理解してくださるといいなーーと思っています。