是非読んでください!盲導犬に関して正しく理解してほしい!

今回盲導犬オスカーが傷つけられた件
前にここでもかきましたが、
今般デヴィ夫人がメルマガで盲導犬に関して
間違った事を発信されています。

皆さんに正しく盲導犬について知って頂きたい、
私はかわいそうな犬を育てたつもりはない、
そう思い事実を書かせて頂きます。

世の中に出ている情報が
全て真実ではありません。
是非ご一読頂けると嬉しいです。



盲導犬協会も見解をだしていますが、
盲導犬は傷つけられた時に泣かない、吠えないようには訓練していません。
それぞれの性格に合った訓練をしていて、いつも犬の事を考えて下さっています。

◆盲導犬の引退犬は引き取り手が少なくドリームボックスというガス室に入れられるという記載がありますが、事実無根です。

引退犬ボランティアさんはちゃんといますし、
訓練士さん達はずっと見守ってきた盲導犬を、
本当に大切にしてくださっています。
そして、
私の様に自分の育てたパピーが盲導犬になって引退したら
引き取りたいと考えているパピーウォーカーも数多くいます。

◆盲導犬は24時間自由がない。
そんなの嘘です。
ハーネスをして外出している時はお仕事をしていますが、
家にいる時は普通の犬と同じで自由にしています。

◆声帯カットも狼爪のカットも
日本盲導犬協会ではやっていません。
ありえません。


私も最初は盲導犬は可愛そうなのではと思っていました。

でも実際にパピーウォーカーになって、
盲導犬協会のスタッフや訓練士の皆さんと接するようになって、
皆さんがどれだけ犬の事を思い、
大切にしてくださっているか、
痛いほど伝わってきました。

無理やりにパピーを皆盲導犬に訓練している訳ではありません。

犬が盲導犬の仕事を楽しいと思えなければ、
少しでもストレスに感じているようであれば盲導犬にはしません。

人の命がかかっている事です。
そして、犬の命も。

だから、どちらも楽しいと思える道を探って下さっています。

訓練士さんと訓練犬との絆の深さを見れば、
そこに虐待なんかがない事は一目瞭然です。

犬は盲導犬の訓練を楽しんでいます。
楽しめない仔には、それ以上訓練はすすめません。

盲導犬になるかならないかは犬が決める事。
そう訓練士さんはおっしゃっています。

先日私が短期でお預かりした犬も能力は高いですが、
ストレスに感じてしまう仔だったので、
家庭犬ヘの道を選びました。

盲導犬という仕事を楽しめる仔だけが
盲導犬になっているのです。



盲導犬が可愛そうで、世の中の飼い犬が全て幸せ
本当にそうでしょうか?

日本盲導犬協会で生まれて育った犬は
保健所なんてところには縁がありません。
皆きちんと幸せになる道をすすんでいます。

では、どうして世の中の保健所にこんなに犬が溢れているのでしょうか?
皆さんもう一度考えてみてください。

目の見えない、見えにくいユーザーさん達が
盲導犬と共に暮らす、歩く、
そして、ユーザーさんと盲導犬との絆を分かって頂きたいです。

そして、盲導犬育成事態に歯止めがかかるような
事実無根の噂などを鵜呑みになさらないで頂けると嬉しいです。

d0326056_19184477.jpg


このブログでは
イザベルというパピーを育てながら盲導犬育成について私が感じた事を書いてきました。

イザベルを入所させた今はステイ犬を預かったりしながら
次のパピーの委託を待っています。

訓練士さん達の気持ち、盲導犬協会の姿勢など、
このような事件が起こる前から私が書いている真実がこのブログです。

最初から読んで頂けると
富士ハーネスの皆さんがどれだけ犬の事を大切に思って下さっているか
分かって頂けると思います。

もし、盲導犬育成に疑問をもたれているなら、
また、盲導犬ってどうなんだろうと感じておられるなら、
是非直接盲導犬協会にお問い合わせ頂けたらと思います。

どういう思いで、日本盲導犬協会富士ハーネスのスタッフの方々が日々働いていらっしゃるか、
ボランティアの皆さんがどういう思いで犬とかかわっているのか、少しは感じて頂けると思います。


重ねて申し上げますが、私はかわいそうな犬を育てたつもりはありません。

入所したイザベルはとても幸せに暮らしています。

どうかどうか、皆さん盲導犬に対して正しく理解して頂き、
目の見えないかた、見えにくい方が盲導犬と暮らしやすい世の中になるようご協力お願いします。

また、今回、盲導犬オスカーに行われたような心無い動物虐待が二度とおきませんように。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-09-04 19:18 | 入所後~ | Comments(13)

Commented at 2014-09-04 20:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomopurijpn at 2014-09-04 21:28
鍵コメさん
世の中にはいろんな考えを持った方がいらして、いろんな意見があって当たり前だと思います。
ただ、事実でないことを書かれてしまうと
本当に悲しくなりますね。
Commented by まる at 2014-09-05 09:22 x
初めまして^^マミーちゃんとイザベルの隠れファンでいつも読ませて頂きいつも元気をもらっていました☆今パピーウォーカー中です(10ヶ月)私もかわいそうな犬は育てていません!うちの子すっごく可愛くてすっごく幸せだよ!って自慢できます。これはパピーウォーカーをしなかったら分からなかった事です。だから、いろいろな意見があるのは分かります。でも、ネットや噂だけで批判するのは、どうなのかなって思いました。マミーちゃんが私の気持ち、おそらく皆さんもの気持ちを、代弁してくださってとても心強いです。イザベルやステイっ子がとーーっても幸せなワンコなのは、このブログを読んで十分すぎるくらい感じる事が出来ます。これからもマミーさんの誠実で温かい、このブログを楽しみにしていますね^^
Commented by tomopurijpn at 2014-09-05 10:16
まるさん
はじめまして!
私達が大切に育ててきている事、誰よりも訓練士さんや協会の方々はご存知ですよね。
私、今回ステイ子を預かって、しみじみその気持ちがわかりました。ステイ子もパピーウォーカーさんと沢山の思い出をつくってきて、大切にしてもらって、
だから、私もその気持ちをきちんと引き継ぎたいと思いました。
訓練士さんも協会の方々も、そして
ユーザーさんもそうである事がわかったから
パピーウォーカーをやって良かったと心から言えます。

犬が幸せになるかどうかは関わる人間次第。人間はそれをしっかり理解して責任を果たすべきですよね。
Commented at 2014-09-05 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ふうりんかーさん at 2014-09-05 14:23 x
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています。
コメントするのは初めてなのですが・・・。
私のブログでこちらのブログの紹介をさせていただきました。
事後報告ですみません。
楽天ショップのブログなので、アドレスは載せられなかったので、ブログの題名を紹介させてもらいました。
私はミニチュアダックスの飼い主なのですが、今回の盲導犬についてはいろいろと思うことがあり、自分のブログに書きました。
その中で、イザベルマミーさんのブログをぜひみなさんに読んでいただきたいと思いました。
愛情いっぱいに育てられている盲導犬について、みなさんにもっともっと知っていただきたいですね!
これからも楽しみにしています(#^^#)
Commented by イズモママ at 2014-09-05 15:27 x
社会がね・・・盲導犬を受け入れられる体質になっていないんだと思うのです。

少し前まで、人間の子供でさえそうでした。
女性がベビーを連れて電車に乗るのは迷惑だとか
子供を預けて、少しだけ気晴らししたいとか
子連れで外食に行きたいというのは「わがまま」だと世間では見られていました。

ましてや犬連れですもん。
子供連れ以上に、健常者優先の社会には
盲導犬を連れた人は迷惑に思う風潮なのだと思います(そうは言わないだけで)

世の中には若くて元気な人ばかりではありません。
いろいろな人達が、助け合って生活していかなくては!
皆がそういう気持ちで、盲導犬を受け入れられる社会になれば
盲導犬自体を虐待だなんていう人はいなくなると思います。
迷惑(白杖があればいいんでね?)とは言えないので、物言えぬ犬にすり替えているような気がしてなりません。

その芸能人の論理からすると、犬を飼うこと自体が虐待になりませんかね?

私達ボランティアに出来ることは少ないかもしれませんが
盲導犬の普及のお役にたてるよう、一緒に頑張っていきましょう。
Commented by tomopurijpn at 2014-09-05 16:47
鍵コメさん

今回の件で私も新しく知った事が沢山ありました。そのひとつに全ての協会が同じではないと言う事もありました。
ですので、私が知っているのは日本盲導犬協会の対応だけですね。本当におっしゃる通りです。
世の中知らない事、分からない事が一杯あります。
デヴィ夫人のメルマガを私は何のきっかけだったか忘れましたが購読し始めました。ここ最近盲導犬の関しての事が続いていて、その中に富士ハーネスという名前も出てきていて、本当にその内容に愕然としました。
そんなことないのに・・・と思っていたところに次のメルマガで更に間違った内容があり、本当に悲しくなりブログに書いてみようと思いました。
本当にいつも思うのですが、人間は人にも動物にも感謝しながら生きていかないといけないですね・・・。
是非次回はお声掛けください!!!^^
Commented by tomopurijpn at 2014-09-05 17:00
ふうりんかーさん さま

はじめまして!ブログ拝見させて頂きました。このブログの事もご紹介頂いてありがとうございます。

盲導犬協会といっても世の中にはいろんな協会があることも事実で、きっと私の知らない事も沢山あるのだとは思います。

ただ私がお世話になっている
日本盲導犬協会の富士ハーネスでは、虐待というような事は本当に皆無でして、皆さんが目の見えない方の為に愛を持って一生懸命に仕事をされています。
そして、目の見えない方を支えている犬達にも負けないくらいの愛情をもって接して下さっています。
そんな方々を知っているので、このような間違った内容が世の中に出回る事にとっても悲しい気持ちになってしまいます。
そして、何より盲導犬ユーザーの方が外出をためらってしまわれるのではと心配しています。

盲導犬や家庭犬そういう枠を超えて世の中全ての犬が人と共に命を全うできる、幸せになれる、そういう事が出来ないのであれば、人間は犬と暮らす資格はないのかなと感じます。
私も知らない事だらけの盲導犬でしたが、こうやってお手伝い出来る事にとてもご縁を感じています♪
世の中みんなが優しくなるといいですね!!
Commented by tomopurijpn at 2014-09-05 17:38
イズモママさん

本当にその通りだと思います。
犬アレルギーがあるから盲導犬がそばにきたら嫌だと言っている人を見て、優しさってなんだろうと考えてしまいました。
譲り合う気持ちや支え合う気持ちってどこにいってしまったんだ?と思います。
中にはそんなのロボットにやらせればいいといい意見もありましたが、盲導犬が単なる手段だけではなく、目の見えない方の心の支えになっていることは分かってもらえてないのかなと思います。
犬がそばにいてくれるだけで、人が安らぐ気持ち。それはロボットでは代用出来ないですもんね。
だからセラピー犬がいる訳で、つまるところ人間は愛玩動物を欲する訳で、
ならば一緒に楽しく暮らせるといいなーという気持ちになったらいいのにと思います。

一人でも多くのかたに正しく盲導犬に関して知って頂けるといいですね!!!
Commented at 2014-11-24 21:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomopurijpn at 2014-11-24 22:04
そんなことないですよー。本当に知らない事が一杯あるなーと今回の件で私も勉強になりました!!ありがとうございます♪
Commented at 2016-08-27 13:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。