出産おめでとうそして、告白

【最初に、今日の日記は無駄に長いです。すみません。本当に無駄な独り言なので後半はスルーして頂いてもかまいません。イザベルとお別れして寂しくてうじうじしているだけです。。。】

富士ハーネスでイーリィの赤ちゃんがうまれました。

おめでとう~♪

イーリィーの兄弟犬のパピーウォーカーさん2家族は
イザベルの兄弟犬のパピーウォーカーさんでもあるので
私も少なからずご縁を感じて
ずっとイーリィの出産を心待ちにしていました。

日本盲導犬協会スタッフブログで可愛い写真をみることができます。

可愛いですね~。

この子達のお父さん犬のハルクくんとは、ボランティア夏祭りで会っているんですよ~私。
ハルクくんの繁殖犬ボランティアさんとも
お話させてもらったので、

あああ、パパはあのハルクくんなんだね~と感慨ひとしおです。

可愛いですよね。パピーー

我が家にお声がかかるかなぁ・・・・・。
でも5頭だったので
多分我が家には回ってこないだろうと思います。

・・・というか、仔犬が神奈川で委託という事も十分あるので
そもそも最初から我が家には来ない可能性の方が高かったりします。

仕方ないですね。

実は我が家このタイミングでお声がかからなかったら
当分の間、というか
子供の手が離れる十数年間は、
パピーを受け入れる事が出来なくなります。

なので、次のパピー受け入れは
十数年後か、
残念ですが、もうパピーは受け入れずに
イザベルが最初で最後のパピーになります。

というのも、来年から我が家は子供の進学があり
環境ががらりと変わります。

それに合わせて私も本格的に社会復帰を考えています。

また主人の仕事の関係もあり

今年中にパピーの委託があれば、
春から環境が変わっても、そのまま夏休みまでは社会復帰をまって
パピーを育てあげてから社会復帰というのもありと思っていますが
それより先になると
正直難しくなります。

だから
もしかしたら、パピーをもう一頭育てる事はないかもしれません。

個人的にはやっぱりもう一頭パピーを育ててみたかったなぁと
いう思いは強いんですよね。
きっと次はもっと上手に育てられるかなという思いがあったりもしますし、
前回の反省を活かして
パピーウォーキングができるかなと思ったりもします。

でも、協会にも出産計画があり、待っているパピーウォーカーさんもいます。
なので、我が家はこうやって一頭でも育てられた事を
良かったと思う事にしようと思っています。

これもまたご縁。
だから、運命に任せるのみ。

まあ、10数年後に子育てが落ち着いたら
ゆっくりともう一度パピーを受け入れるのも
いいのかなとも思います。

きっとその頃は時間に余裕もあって
いい子にそだてられそうな気もしますが
私達が日本にいたらいいのですが・・・・

まあ、その時々で
きっと素敵なご縁があると思うので
今は流れに身を任せて
なるようになるだろうと
思うようにしています。


ああ、それにしてもやっぱり正直犬恋しいです。

もう、いっそのこと犬飼っちゃおうかな!!!と思う事もしばしばありますが
その度に

いやいや、イザベルが戻ってくる可能性がゼロではないから
それまではダメダメ・・・・と

自分に言い聞かせています。


イザベル、ステイ子元気かな?


今日も主人と何度も何度も

私 「イザベル元気かな?」(主人 元気だよ~絶対に)

私「ステイ子 楽しくやってるかな?」(主人 大丈夫だよ~楽しくやってるよ~)

という会話を何度も何度もしては
ため息をついていました。


協会もいろんな約束事があって、
私達には話せない事も沢山あるのは分かっていても

「イザベル元気ですか?ステイ子元気ですか?」と
同じ質問をして
「元気ですよ」というこたえを聞いて
ホッとしている自分がいます。

正直訓練士さん、私の事ウザイと思っているだろうなーと思いますが(苦笑)
それでも、同じ答えしか返ってこなくても、
それがわかっていても
まるで良いお天気ですね!というのと同じような感覚で
元気ですか?いい子にしていますか?とやっぱり聞いてしまいます。

だってね、
ご縁があってきた仔だから
ずっと大事に思っているから
どうしても、きになってしまうんですよね。

本当にすみません、訓練士さん。

実はイザベルやステイ子の写真を見て
今でも泣いてしまいます。

ご縁があって我が家にきた仔たちなので
やっぱり、ずっと大切に思っています。

でも私は日本盲導犬協会や訓練士さんを信頼しているので
大丈夫大丈夫と
いつもいつもいい聞かせています。

私も分かっています。
一番大丈夫じゃないのは実は私なんです。
元気じゃないのも犬にじゃなくて私。

だけど、富士山みて気持ちを一杯あげて
あの子達が頑張っているから
私も負けないようにがんばろうと思って生きています。


犬が与える影響はそれだけ大きくて、それだけ深いものだから
きっと
盲導犬もユーザーさんを癒したり導く力を持っているのだと
思います。



はぁ~、やっぱりもう犬飼おうかな・・・

いやダメダメ



侘びしいほど同じ思考回路をぐるぐるぐるぐる
まわっている
秋の夜長なのでした。

d0326056_20502414.jpg

そう思うと、イザベルとの出会いは
やっぱり運命だったなぁ。
d0326056_2052527.jpg


ベル子、元気にしてる?

ご飯食べてる?
いい子にしてる?
訓練士さんの言う事ちゃんと聞いてるかな?
楽しく訓練してる?

マミーはね、
あなたに会えないけど、
あなたを忘れた日は一日たりともないよ。

あなたに会わないのは、イザベルの為。
イザベルの気持ちを乱したくないから
訓練士さんが会わせてくれる日までは
会わないよ。

あなたに会ってしまいそうな場所は
なるべく行かないようにしているの。

だけど、イザベルが私に捨てられたと思っていたら
どうしよう・・・と
実はずっとずっと思っています。

マミーはあなたを捨てた訳じゃないんだよ。
最初からお別れがくるお約束だっただけ。

イザベルがそれをわかっているかどうか
それは誰にもわからないけど
イザベルと次にあう時に
きちんとお話したいと思ってるよ。

ずっとずっと応援しているからね、イザベル。
d0326056_2112532.jpg


あなたを育てる事ができて良かった。


あいたいな・・・・。
あいたいな~。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-09-28 21:33 | 入所後~ | Comments(4)

Commented by イズモママ at 2014-09-29 12:54 x
先日の日記のように全ては「ご縁」ですよね。

私はアリスの仔をもう一度預かってみたいかな~と思っているのですが
まあ・・・ご縁があればですね。

うちでも毎日イズモの話が出ます。
夫と二人で、こうだったねああだったねと言いながら
本当に楽しかったんだな~と思い、出会いに感謝しています。
Commented by tomopurijpn at 2014-09-29 14:47
イズモママさん

大変だったけど本当に楽しかったですよね。
思い出すと楽しい思い出しかみあたりません。
素敵な日々でした。
Commented by イーリィの父 at 2014-09-30 23:40 x
こんばんは。
これまでずっと読み逃げさせていただいていましたが、
今回、初めてコメントさせていただきます。

死別ではなくて巣立ち、とは言いますけど、パピーを送り出した後って、やっぱり寂しいですよね。
犬肌恋しい秋の夜長、虫の声をきいていると、ふと寂しさがこみあげてきたり、
床にごろっと横になった時に、ドサっともたれかかってくるワンコのぬくもりとか、
テレビを見ている脇で、寄り添ってきたりとか、そういうのがないって、
心のどこかが大きく抜け落ちたような感じがするんじゃないでしょうか。

ところで、子育てがひと段落するまでPWは中断か?と読んで、
「あの愉快な記事が読めなくなるのか」
「いや、それは社会にとって大きな損失に違いない」
と考えるに至りました。
と同時に、
「にいには中学生になっても、マミーちゃんの手をわずらわせるんだろうか?」
とも思ってしまうのです。

パピーウォーカーさんが足りない、という話しをよく耳にしますが、
実は、いまはパピーが足りないのかもしれませんね。
パピーちゃん、別の協会さんから供給されたりしないんですかね。
Commented by tomopurijpn at 2014-10-01 08:07
イーリィパパさん

コメントありがとうございます。PWは足りていない事が多いそうなんですが、今年は富士は沢山手が挙がっているようでパピーが足りていません(苦笑)
訓練士さんも、有難いことなんですよーとおっしゃっていました。それだけ、沢山の方が盲導犬育成に賛同しているってことで、こういう動きがもっと広がるといいですね。

にいに、春から小学校なんです。中学になったら落ち着きますかねー。そしたらあと6年後かな?
上の娘と6年違いなので、その頃娘は大学。
いい感じかもしれないですね。。。
それまでにイザベルがもし盲導犬になれていたら、丁度その辺りに引退して戻ってくるんじゃないかなーーーと
狙っていたりもします。
富士ではBWがないので神奈川が羨ましいです。
出産施設は富士なので富士でBWはじまったらいいな~と思っています。

日常にわんこがいるって本当に心も体も癒されると、犬がいなくなってからしみじみ感じます。