告白 今だから言える事 (その3)

イザベルの食糞の事を告白してからというもの、
思っていた以上に反響があり、
うちの仔もやっていた、こまっていた、というメールも頂いています。

やっぱり食糞で悩んでいる(た)人は多い事にビックリするとともに
うんち仲間がたくさんいて、正直ホッとしました。(笑)

さてさて・・・

そんなこんなで、私がうんちの事で頭をなやませていた最中、

事件がおこりました。

むすこを幼稚園に迎えに行く時に
いつものようにイザベルと一緒にお水もケージにいれて
外出しました。

帰ってきて私が目にしたものは・・・・・
d0326056_2040369.jpg

ぎゃああああ!!!

変わり果てた水入れの姿。
このくぼみのところに滑り止めようの黒いゴムがついていましたが
見事に半分なくなっていました。
丁度歯型がある部分です。

ええええ!!


イザベルが食べてしまったの??

まさかの誤飲・・・。

我が家は子供が小さい分、人一倍誤飲には気をつけてきました。

おもちゃは下にもってこない、
スーパーボールは全部処分、
消しゴムはつかったらすぐに筆箱に、

細かい事に気を配って、イザベルの誤飲対策をやってきたつもりでした。

でも、はっきりいって盲点でした。

だって、器の裏の滑り止めでしょ??
でも、犬ってこんなものです。まさか?な事をやってくれるのです。

イザベルが死んだらどうしよう・・・
もうすぐに富士ハーネスに電話をして指示を仰ぎました。

誤飲に関しては
飲んだものの大きさ、形状、材質、量などによって
対処の方法も全く違ってきます。
吐かせる方場合や、勿論開腹手術もあります。

幸いな事にイザベルの場合は噛み砕いて飲み込んだ事が想定されたので
うんちから出てくるのを待つ事になりました。

え?またうんち??

(ここからは、お食事中の方は本当にごめんなさい・・・な内容です。)

イザベルのうんちをビニール袋の上からぺっちゃんこになるまで押して
固形物がないかを確認、
それが飲み込んだゴムの欠片だったらとりだしました。

イザベルが、こともあろうかせっかくだしたゴム入りうんちを
もう一度ぱくーーっと食べたりしたら
これこそ負のスパイラルですよ。(涙)
そんなこと、絶対にさせられないと、私必死のパッチでした。

秒殺イザベルになんか絶対に負けない!
恐ろしい程の気合で
イザベルのうんち争奪戦に勝利していったのでした。

そしてすぐさまうんちのローラー作戦。(苦笑)

すごいことやってたでしょ・・・私。

今は本当に笑い話ですが、あの頃は全く笑えませんでした。
でも不思議と汚いとか、嫌だと言う感情は全くなかったです。

むしろ、うんちからゴムのかけらが見つかるたびに
まるで、宝物をみつけたかのように、うれしくて、そしてホッとして
泣いてしまう日々でした。

こうやって、イザベルが飲み込んだゴムの欠片は
一つ二つ・・・と回収されていき、
ジグソーパズルのように合わせられて
全部出てきた事をようやく確認。

食糞も嫌だけど、誤飲も本当に怖いと思った出来事でした。

犬の食器を選ぶ時は
やっぱりシンプルなものが一番なんだなぁと思います。

これはリードや首輪にも言える事で
いろいろデコレーションしていて、可愛いものが沢山ありますが
私はこの一件に懲りて
飾りやチャームがついていないシンプルなものを選ぶようになりました。

イザベルの食糞ですが
皮肉にもこの一件がきっかけで
私がものすごく本気でイザベルのうんち回収をがんばったのが良かったのか、
だんだんと執着が薄れていき、
そのうちに、
自分のうんちなんて見向きもしなくなっていきました。

イザベルの食糞が完全になくなったのは6ヶ月の頃。
長い間うんちとの戦いをしていたのですね、私(笑)

訓練士さんが心折れそうな私に

食糞は、食べない経験を積む事が大切なんですよ。

といつも言っておられましたが
今振り返ってみて
本当にその通りだと思います。

犬って本当に賢い生き物ですが、悪い事を一度覚えてしまうと
矯正するのが大変だったりします。
それより、悪い事をしない経験を積む事が
いいわんこを育てる近道なんだと改めて思います。

だから、イザベルがリモコンやマウスをくわえて走り回った事も
イザベルが悪いのではなく、
イザベルが届くところにそんなものを置いていた
私が悪いんです。

そういうことをさせてしまった私の責任なんだと思います。

なので、2頭目のわんこにはそういう経験をさせないように
委託前にもう一度家の中をしっかりと整理して
確認していかないといけないと思っています。

マミーちゃん、あたちそんな事やってた?
全く覚えてないで~。
d0326056_21134748.jpg


イザベル、都合の悪い事は
全部忘れてしまいなさい!


いやや~いやや~
みんなもこの話きれいさっぱり
わすれて~
d0326056_21184396.jpg


大丈夫よ、イザベル。
もう昔の話。

今は立派になっているから、
心配しないで、
訓練頑張ってね。

d0326056_21232315.jpg

きりっ!

まかせとき~!
[PR]

by tomopurijpn | 2015-03-23 21:32 | 2頭目わんこがくるまで | Comments(6)

Commented by ケインママ at 2015-03-23 22:05 x
ひゃ〜、これは焦るゎ〜
全部回収できて、ほんとよかったですね〜

ケインは目立った誤飲はありませんでしたが、
電源コード(感電しなかったのだろうか)や、
電話線やデスクトップパソコンのLANケーブルを
噛み切ったりしました。
あと、保冷剤入りクールマットは、購入したその日に瞬殺(笑)
タオルのタグもよくかじり取られましたね…
今は全然平気なんですけど、パピーの頃は何でも噛んでみたいものなのよね〜
Commented by tomopurijpn at 2015-03-23 22:16
ケインママさん

パピーって本当に予測していないような事をやらかす生き物だって、段々思い出してきました(笑)
最近は穏やかだったイザベルとの後半の日々や、その後我が家にやってきた賢いステイわんこ達の記憶しかなかったので、
ちょっと優雅にパピーウォーキングを・・・とすっかり勘違いしていましたが、いやいや、やっぱりパピーって大変だったですよね(笑)
それにしても・・・ケインくん、感電しないでよかった!
次の仔もコードかじかじするかも…気をつけます!
Commented by 犬と一緒に at 2015-03-24 11:39 x
この事件の時は、びっくりした訓練士さんから
わが家にも電話がかかってきましたよ。
兄弟犬で水入れの底のゴムを食べちゃった仔がいたのですが
おたくでは大丈夫ですか?!
うちはケージで留守番させるときは
水はケージの上に置いていたのですが
そんなこともあるんだとびっくりしたのを覚えています。
まさか~!!ですよね。

イズモは誤飲事故はゼロでしたが
届くところに物を置かないように気を付けたからで
犬がお利口だったわけじゃありませんよね~。
私も2頭目の油断!にならないように
心してパピーに向き合おうと思います。
ほんと、何しでかすかわからないのがパピーだったわ!
Commented by tomopurijpn at 2015-03-24 12:03
イズモママさん
訓練士さんから電話があったのですねー、道理で次のレクチャーの時に皆さんご存知だったんだ~(笑)
盲点ですもの、絶対にこわいですよ、あの滑り止め!
でも本当にショックの一言でした。あんなに気をつけていたのに、そこ??って言った感じで。
パピーって本当に何をしでかすか分からない生き物ですよね。

イズモママさんのところはお出かけ前に水を飲ませてそしてケージには水を入れないと言ってたのを聞いて、なるほどー!と思ったのをものすごく覚えています。やっぱりいろいろ考えると私がいけないと反省する事ばかりです。

我が家は誤飲はもう一回ありました。
庭の水仙の葉っぱをガジガジからのおえーーーってやつ(苦笑)
穴は掘るし、軒下に入り込むし、
もう、思い出したら出てくる出てくる(笑)
前半は本当に珍事件の続出でいろいろやらかしてくれる仔でした。
でも後半の穏やかな記憶ばかり残っていて、あんなかんじーと思っていたら大間違いですよね。
パピー育てるって本当に大変な事だったって思い出しました。
だけど、恐ろしく可愛いから出来るのだとしみじみ思います。

次の仔楽しみですねー!!
Commented by フルールママ at 2015-03-24 23:27 x
色々あったのですね。知らなかったです。
食糞は無かったですけど、
一代目はいたずらが凄かった!
テーブルの上に置いてあったボールペンのキャップを食べてしまって、同じくうんちをビニールに入れて潰し割りばしで取り出しましたよ。
庭に出すと芝生をムシャムシャ、二階に上げると畳んだ洗濯物におしっこ、サンダル二足噛まれてダメにする、気が付けば洗面所のマットを
持ち出して噛んでる、台所で洗い物をしているとソファーの上でくつろいでいる。
二代目は毎日流血でした。
いたずらこそしなかったけれど、仰向けにするとウィーウィー言って噛んでくる、ブラッシグしては噛んでくる、遊ぶと噛んでくる。
毎日泣いていました。
そして三代目は何度転んだことか!
凄い飛び出しで何度も転んでしまい、とうとうお泊り訓練になってしまいました。

大抵6か月くらいで収まってくるのですが…
毎回毎回初めてのPWの様でした。
それでもどの仔もとっても愛おしかったです。
Commented by tomopurijpn at 2015-03-25 07:29
フルールママさん

何だかものすごーーーく安心しました。
そして、ごめんなさい、読みながら大爆笑してしまいました。いやー、本当にいろいろやらかしてますね。ソファーでくつろいでいる姿なんて、想像したら噴き出しちゃいました。
洗濯物におしっこ!!
やっぱりどこも6ヶ月くらいまでは嵐なんですね。(笑)
中には生まれつき物凄く落ち着いている奇跡のパピーも見かけますが、それはやっぱり宝くじにあたるような感じで、元気なパピーがやっぱり一番。
だけどそんなやんちゃの塊のパピーが6ヶ月過ぎた頃から段々落ち着いてくる姿、もう愛おしさが増してきてきますね。
大型犬はしっかりとしつけないと引きも強いし怪我をするなってしみじみ思います。
そういう意味でもPWの役割って大切なんだなと思いました。

はぁー、体力気力勝負ですねーやっぱり!