じゃあ、なんでパピーウォーカーやるの?

お別れが辛いなら、最初からやらなきゃいいのに。

自分の犬を飼えばいいじゃん。


よく言われることです。


こんなに大切に育てて、
大変だったパピー時代を過ごして、
ようやく手に入れた穏やかな日常。

絆も深まって、

これからが一番いい時!!!

という時に
背中を見送るなんて・・・・・

私にはできない。

本当によく言われます。


そして、私も

本当にそう思います。


じゃあ、なんで??


イザベルのときのお別れが辛かったの、忘れてないでしょ?
あの後、ボロボロになったよね?

お別れつらいこと、知ってるよね?

じゃあ、なんで??


なんでなんだろう・・・・。


ずっと飼っていた犬が虹の橋を渡って、
長い間ペットロスを苦しんで、
犬を飼うのが怖くなったことも、

我が家は主人の仕事の関係で、
もしかしたら、また海外に行かないといけなくなるかも
しれない。
だから、絶対に命に責任が持てないなら
安易に犬を飼うべきではないと思う気持ちも、

そんな環境の中、子供たちが
犬と暮らしてみたい、
お別れがあっても、
育ててみたいといったことも、

母が目の手術をしたことも、

盲導犬ユーザーさんに
ありがとう・・・と言われたことも、

そして、何よりも
私が15年のペットロスを乗り越えて
また犬と暮らしたいと思えるようになったことも、


全部、理由なんだと思う。


命には限りがある。

永遠なんてない。

長い間一緒にいるのも、

たとえ、短くても、
本気で愛しぬく一年も、

どちらも、お別れは悲しいのだと思う。



別れの形はいろいろ。

愛の形もいろいろ。


私はいつも言っているけど

決して立派なパピーウォーカーではありません。

お別れ前に夜逃げを考えるし

無駄だとわかっていても
じたばたします。

お別れの際、名前を呼んで追いかけるし、

そのあとも、ずっとめそめそしながら
暮らします。


未練たらたら。


だけどね・・・・


それでも、


私、パピーウォーカーをやったことを

これっぽっちも

後悔していません。


だって・・・・

イザベルとウォルターに会えたから。

この子たちにとって

かけがえのない人になれたから。



だから、

ありがとう、

イザベル。


ありがとう、

ウォルター。


うちの子になってくれて、

私たち家族に、たくさんの笑顔を
たくさんの喜びを
経験させてくれて、

本当にありがとう。


イザベルは今PR犬として、富士ハーネスで楽しくお仕事しています。

ウォルターは、
この先どんな道を選ぶかわからないけど、

私を幸せにしてくれたように、

私にとって、この1年
ウォルターがすべてだったように、


ウォルターが
誰かの心を癒して、幸せを紡いでいってくれたら、
そして、
そのことに、ウォルター自身も幸せを感じているなら

私が今流している涙は
意味があるのだと思う。



イザベルの兄弟、イズモのパピーウォーカーさんの日記に
素敵な動画ありました。

私の知人の盲導犬ユーザーさんも、
もうすぐ、大切なパートナーの引退が迫っています。

涙を流すのはパピーウォーカーだけじゃないんだってことを
教えていただいています。

イズモママの日記

お時間のある方はぜひご覧になってくださいね。
[PR]

by tomopurijpn | 2016-03-15 21:54 | ウォルター1歳〜1歳1ヶ月 | Comments(4)

Commented by 犬と一緒に at 2016-03-16 09:41 x
動画をご紹介してくださってありがとうございます。
自分のブログの方には補足を入れておきましたが
ナレーションの中に「厳しい訓練」と言う言葉が入っているので
協会は犬にとって辛い訓練をしているのではないということを
動画をご覧になる皆さんにご理解していただけたらと思います。

死別も離別も、どっちもお別れは辛いです。
でも、この仔に会えて楽しい時間を共有できた幸せ。
それがなかった方がもっと寂しいだろうな
と今の私は思います。

ウォルター
いっぱいいっぱい甘えておくんだよ。
Commented by tomopurijpn at 2016-03-16 10:03
つむたんママさん
素敵な動画、教えてくださってありがとうございます。
動画だけではなく、つむたんママの日記の内容も是非紹介したいと思って
シェアさせていただきました。

パピーとのお別れが全面的に前に出るパピーウォーカーですが、
ユーザーさんの気持ちや思い、そしてパートナーとのお別れまで知っていただいたら
パピーウォーカーをやってみよう!と、感じる方も増えると思います。

お別れは辛いです。
それは隠すことなく正直に。
だけど、
涙には意味があって、誰かの笑顔になるから
私達はパピーウォーカーをやっているんだなと
再確認でしました。(*^^*)
Commented by paosue517 at 2016-03-17 20:33
いつも読み逃げばかり(δδ;)ゴメンナサイ・・・
この動画…見るの3回目かな~別ルートでね。
見るたびに自分の視点・立場が違って印象が違うの。
最初はもう盲導犬ってこうなんだ~って。
次はPW目線でPWさん嬉しいだろうな~って。
今回は久々に見たらユーザーさんの気持ちが切なくて…。
次にまた新しいパートナーと組む為には安全も考えて引退しなきゃならない…。
でもジゼルのパートナーさんはジゼルを人生の最後のパートナーと考えてる…これを考えれば考えるほど辛く切ないです。
最後なんて言わないで、健康な限り、次を考えて欲しいけど。
きっとすごく考えて出した決断だと思うし。
ご本人じゃないとわからない切ない気持ちだと思う。
だから、軽はずみに盲導犬になったからいつか帰ってきてくれるって喜んでた自分を反省しました。
自分の気持ちばかり考えてた。
今はジゼルとパートナーさんが日々楽しく無事でいてくれることを願っています。
ウォルターはどの道を選ぶのでしょうね。
マミーちゃん一家の寂しさ…とてもわかります。
マミーちゃんも2度目だからまた…辛いね。
でもどこに行っても愛され続ける犬生が待ってる!
行く先々に笑顔があるんだよd(*゚∀゚*)ネッ
Commented by tomopurijpn at 2016-03-18 07:24
ジゼルフィーゴママさん
一頭の犬が繋いでいく人の輪。
立場が違うと気持ちも違う。
でも、ジゼルママさんみたいに、私も、自分の事だけじゃなく、ユーザーさんの気持ちも考えられるPWになりつつあるのかな。
いろんな方との出会いが、私を成長させてくれてるなって思います。
(*^^*)