パピーウォーキング修了式 そして お別れへ 【後編】

d0326056_14514316.jpg


もう、ここまできたら腹をくくって現実を受け入れるしかありません。

しっかり笑顔で見送ってあげようと心に決めました。


イザベルのパパ犬のラルゴ
ママ犬のアリス

そして、その他も沢山の方々が
I12胎の晴れ姿を一緒に見守って下さりました。

本当にありがとうございます。


まず最初に
d0326056_15201048.jpg
ずっとお世話になった訓練士さんから、入所後の訓練についての説明がありました。

そして、I12胎と呼ばれているイザベル兄弟たちの生い立ち。
d0326056_15314543.jpg
生まれた時、一番小さかったイザベルを母犬アリスがくわえて離れたところでお乳をあげていた話。

そこで、もう駄目でした。

我慢していた気持ちが
抑えられなくなって
涙がぼろぼろこぼれてきて
とめられなくなってしまいました。

そうだったなぁ。。。

一番小さなイザベルを委託された時
少し不安になって
訓練士さんに
「この仔、大丈夫ですか?」と聞いた事。

委託前に
黄色いメスのラブちゃんが委託されてきて、
私が一週間もお水も餌もやり忘れたというとんでもない夢をみて
物凄く焦った事。
(だから、黄色いメスのイザベルがやってきた時に、
大変だ~。ご飯とお水忘れないようにしないと!!と気合が入ったものでした 汗)

d0326056_15432510.jpg


ひとつひとつが大切な思い出です。
委託式の時の写真。

みんな大きくなりました。

イザベルは・・・
d0326056_18325619.jpg
とっても落ち着いていました。
いや、単に眠たいだけなのか??(苦笑)

そしていよいよパピーウォーキング修了式。

センター長のお話の後、
我々からの一言が・・・

あああ、嫌ですね、こういう時イザベル長女って一番ですやん・・・。

マイクを渡されて、ここでもう号泣でした。

イザベルへの思い、訓練士さんやスタッフの方々への感謝の気持ち
一緒にパピーウォーキングをやった兄弟犬のパピーウォーカーの皆さんへのお礼など

言いたい事が一杯あったのに、
全く言えなかったです。

言葉をつまらせるたびに、
イザベルが
私の事をじーーーーと見つめていました。

d0326056_18451320.jpg


頂いた修了証。


そして、いよいよ・・・・

皆で外にでて
訓練士さんが
ハーネスを付けてくれました。

d0326056_1846310.jpg


我が家にいたイザベルは
盲導犬訓練犬になりました。

d0326056_1850966.jpg


こんなに小さかったイザベルが
d0326056_1851954.jpg
d0326056_18533726.jpg

d0326056_18543999.jpg
本当に立派になりました。


皆で記念写真を撮って
その後一度中に戻って、
お別れの時。

立派になった姿を、アリスママにみてもらいました。
d0326056_1858262.jpg



そして・・・

訓練士さんが迎えにきて、
イザベルを連れて行きました。

沢山の優しい人々に見送られて、
沢山の人に愛されて
イザベルは入所していきました。
d0326056_1921612.jpg



イザベルーーーー
イザベルーーーーー

何度も何度も名前を呼んで後を追いかけましたが

イザベルは
しっかり前を向いて
尻尾をしっかり振って
訓練士さんの横を嬉しそうに歩いて行きました。

ここが新しいお家だよ。
d0326056_1975843.jpg




イザベル、あなたがこの先どんな道を選ぶのかは
まだ分からないけど、

あなたが思ったように進めばいいよ。

d0326056_19104940.jpg
あなたの笑顔が続く限り
ずっとずーーーっと
遠くから思い続けるからね。

d0326056_1918995.jpg
イザベル、
うちに来てくれてありがとう。

イザベル!GOGO!!


皆さん、今まで盲導犬イザベルを育てる日々をご愛読くださり
イザベルを応援してくださって
本当にありがとうございました。


あとは、イザベルの訓練の状況が分かった時点で
日記を書きたいと思います。

今までの様に頻繁にはアップしなくなりますが、
イザベルの事を思い出した頃に、
時々のぞきに来てもらえると嬉しいです。

d0326056_19272227.jpg

みんな
今まで応援してくれて、
ほんまにありがとう。
d0326056_19275617.jpg

あたち、
これからもがんばるで~!!

[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-30 19:30 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(24)

パピーウォーキング修了式 そして お別れへ 【前編】

イザベルが入所してから
毎日毎日、ふとした瞬間にイザベルの事を考えては
涙を流していますが、
逆に、富士山を見上げると
イザベルに負けないように、恥ずかしくないように、
頑張って生きていこうとも思っています。

死に別れでないというのは、本当に救いです。
前向きな別れなので、悲しんではいけないのですが、
純粋に、ただ、単純に寂しいんですよね、イザベルがいない事が。

訓練士さんもこの気持ちを理解してくださっています。

「それは絶対にそうですよ。それだけ大切に育ててもらった証拠です」と
言われた時に、少しホッとしました。

寂しい気持ち、
応援する気持ち、
いろんな気持ちを整理する為にも入所式の日記を書く事にします。

パピーウォーキング修了式の前日に、
年に一度の日本盲導犬協会ボランティア夏祭りが開催されました。

寂しい気持ちを打ち消してくれる、こういうイベントが前日にあって
本当に有難かったです。
d0326056_1621450.jpg
わんこ一杯やで~。

写真は殆ど撮れなかったのですが
わんこ密度高い!
リトリバーだらけでした。

私はというと、気を抜くとポロリと涙が出てしまい
情けない限りです。

でも、嬉しい事に、このブログを読んでくださっている何人かの方に
お会いする事が出来て、
いろんなお話をさせて頂く事が出来ました。

先輩PWさんの話は本当に説得力があり、
心に一言一言が沁み入ってきました。

本当にありがとうございました。

さあ!富士ハーネスにテントを張ってお泊りです。
d0326056_1685326.jpg
イザベルもテントの中でいつも通りフリーにしてあげました。
d0326056_1692895.jpg

最後の夜だけど、イザベルにとっては
何だか良く分からないけど楽しい夜。

こんな姿で爆睡していました。術後の抜糸はまだなので、お腹に糸が見えますね。
d0326056_16102191.jpg
イザベルに動物としての本能はないのか?(笑)私が動いても歩いても全く動きません。
でも、こんなに心を許してくれている事、嬉しく思いました。

そして、いよいよお別れの日。

身支度を整えていると
隣のテントから

「ラルゴ~」という声が・・・

えええ?ラルゴ??

イザベルのお父さんですよ。ラルゴ。
d0326056_16125662.jpg
はい、僕がパパです。
隣にいたの、知らなかったです(笑)
d0326056_1615662.jpg
ラルゴパパもイザベル達兄弟の門出を見届ける為に残って下さっていました。

イザベルがイエローなのは、パパの血です。テントが隣だなんて、本当に縁がありますね。

そして、早朝リトリバー交流会に参加しました。
d0326056_16295656.jpg
リトリバーだらけ(笑)
d0326056_16302853.jpg
兄弟犬のインディーくんも一緒でした。

楽しいひと時を過ごして、
少しずつ少しずつ、お別れの時が近付いてきていました。

入所式は13時から。

その時間に合わせて兄弟犬も続々と登場。
アイリーン
d0326056_1821106.jpg

インディー
d0326056_1822335.jpg

イズモ
d0326056_18233126.jpg

アイム
d0326056_1824301.jpg

イオン
d0326056_18263692.jpg

イーリス
d0326056_1833268.jpg

そして、イザベル
d0326056_18424445.jpg



そして、
勿論、このお方。

アリスママ
d0326056_19101990.jpg



I12胎 全頭揃って楽しそうにその時が来るのを待っていました。 右向いて~
d0326056_19131076.jpg
左向いて~
d0326056_19133258.jpg



兄弟犬のパピーウォーカーさんは、皆さん本当に優しい方ばかりで
毎回こうやってお会いするのが
本当に本当に楽しかったんです。
まるで大きな家族の様。

私がパピーウォーキングを楽しめたのは
皆さんのお陰だとしみじみ感じました。

本当にありがとうございました。

そして、いよいよパピーウォーキング修了式が始まります。
みんなで会場に移動しました。
d0326056_1920994.jpg


いよいよです。




つづく
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-29 19:21 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(4)

明るい未来♪ 幸せになるために

皆さん、イザベルは無事に入所しました。
d0326056_629556.jpg

ハーネスをつけた姿は本当に凛々しく
わたしが知っているイザベルの中で一番立派に見えました。

パピーウォーキング修了式の様子
私の思いなどは
ゆっくり日記に書きたいので少しお時間ください。

でも、その前にどうしても私が皆さんに伝えたいと思った事があります。
少し長くなりますが、
読んで頂けると幸いです。

私が伝えたい事

それは、盲導犬は幸せだということ。

盲導犬はかわいそう・・・
そう感じている方が世の中には沢山いらっしゃるかも知れません。

実は、私もその一人でした。

私は犬が好きなので、
犬が我慢をしているのではないか?
自由ではないのではないか?

と思っていたからです。

でも、それは違うということがよく分かりました。

盲導犬になる子はその仕事が好きな子だけなんです。
なので、どんなに能力が高くても
どんなに賢くても
盲導犬の仕事にストレスを感じてしまう犬は
盲導犬にはなりません。


犬にとっても毎日の事です。
楽しくないと
人の命に携わる大切な仕事を
与えるのは難しいでしょう。

でも、それが楽しい!と思えるわんこ達だから
ユーザーさんも安心して盲導犬と歩く事が出来ます。

それはとてもとても素晴らしい事です。

盲導犬になるかならないかは
それは犬が決める事。
訓練士はそれを見定めるのだと
前に訓練士さんが話して下さった事があります。

その意味が今は物凄くよく分かります。

なれなかったら
普通の家庭犬になったり、PR犬になったり
路頭に迷うような事は決してありません。


実は娘はこの夏休みの自由研究に盲導犬の事を書きたいと言っていて
その為に富士ハーネスの皆さんにアンケートにご協力頂きました。

そのアンケートを昨日入所式の後に頂き家路につきました。

富士ハーネスの皆さんお忙しいのに本当に丁寧に娘の疑問に答えて下さって
ありがとうございました。

でもこのアンケートを読ませて頂く事で
イザベルを手放したばかりでぽっかりと穴が開いた私達家族の心が
安心という気持ちで埋まって行きました。

富士ハーネスのスタッフの皆さんそれぞれが
本当に本当に愛情深く、そして志が高く
仕事に対してとても真摯に向き合っていらっしゃる。
その事を改めて知る事ができました。

だから、イザベルは大丈夫。

パピーウォーカーがどれだけ犬を大事に育ててきたか
スタッフの皆さんは痛いほどご存知です。

だから、イザベルを安心してお返しする事が出来ました。

d0326056_7374375.jpg


盲導犬が育成されるまでの道のり、育成されてからの生活、
そして引退後と
どこにいても、
誰といても、
ずっとずっと彼らは深い愛情に包まれた生活を送る事が出来ます。

産まれてから2ヶ月までは母犬と兄弟犬と一緒に
ケンネルスタッフの方々に大切にお世話してもらいます。

その後は皆さんご存知のように
私のようなパピーウォーカーが
悪戦苦闘しながらも人と暮らす事の素晴らしさと
溢れんばかりの愛情を注ぎ

そのバトンを次は訓練士さんにつなぎます。

訓練士さんとのと訓練は
犬にとってとっても楽しい事。

それはイザベルが訓練士さんをどれだけ好きかで
皆さんも分かって頂けると思います。

そしてユーザーさんとの生活。
ユーザーさんとお留守番が全くない生活
他の犬が行けないところも
盲導犬は一緒について行けます。
盲導犬協会の方も定期的にユーザーさんとわんこを
サポートしてくださっています。

引退後も
引退犬として大切にしてもらえます。
パピーウォーカーが引き取れることもあります。
(私はここをひそかに狙っています 笑)

全ては
目の見えない方、見えにくい方が
普通に外を歩けるように。

その思いのもと
こんなに沢山の方々が関わっている。

それは本当に素晴らしい事だと改めて感じました。

イザベルには明るい未来が待っています。


盲導犬候補犬 イザベルは

どこにいても、誰といても

ずっといろんな方々の愛情に包まれて、ずっと幸せでいられます。

イザベルの明るい未来の為に。
イザベルを待っている方々の明るい未来の為に。

そして
みんなが幸せになる為に。

d0326056_744566.jpg



富士ハーネスの皆さん、イザベルのことを
よろしくお願いします。

次は入所式前夜、そして当日、
パピーウォーカーをやった私の気持ちや思いを
日記に書きたいと思います。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-28 07:51 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(4)

行ってきます

皆さん、沢山の、本当に沢山の応援ありがとうございました。
d0326056_13424080.jpg


イザベルはいよいよ我が家を旅立っていきます。

今朝は穏やかな気持ちでいつもの散歩道をのんびり歩きました。
d0326056_134346100.jpg
名前を呼ぶとこうやって振り返ってくれます。

マミーちゃんよんだ?


うん。イザベルのお顔がね、みたくなったのよ。


術後の経過も良好なので数日前から
ボール遊びのお許しがでて
今朝も少しだけボールを投げてあげました。

d0326056_13444594.jpg


きらきらした朝日に包まれたイザベルは
とっても綺麗でした。


いつもの元気なイザベルに戻ってくれて
本当に良かった。



今からイザベルと富士ハーネスに行ってきます。

戻ってくる時は
一緒には連れて帰ってこられないけど、

イザベルなら
きっときっと大丈夫。

気持ちが落ち着いたら
この二日間の事を
日記に書いていきたいと思います。


行ってきます!!
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-26 13:50 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(8)

最後の仕事

今日は朝からイザベルの荷物の整理をしました。

・・・というのも

入所は日曜なのですが、
明日の土曜の夕方から富士ハーネスで
ボランティア夏祭りが開催されます。

我が家も参加させて頂く事になり、
そのままテントを張って富士ハーネスで一泊して
翌日の日曜日にイザベルの入所式をむかえることになります。

その為、
イザベルとのお別れの出発は明日になります。

はぁ・・・・(涙)

いかんいかん、心を強く持ってやることをやらないと。

やる事は有難い事に沢山あって、忙しい午前中となりました。
d0326056_22503282.jpg
ケージの上の荷物をどけて
d0326056_2251666.jpg
綺麗に洗って日干しして、
畳んで、貸して頂いた時と同じ状態に。

イザベルの今晩のお宿は
クレートです。

イザベルはクレートを嫌がらないので、すぐにOKサイン。
d0326056_22532340.jpg
イザベル~よしよし。


こういう穏やかないつもの光景も
まもなく全て思い出に変わっていきます。

はぁ・・・・(涙)

いかんいかん。

あまりいろんな事を深く考えないように
淡々と
ただ、
淡々と
片付けていきました。

そして仕事も一段落。
今日のお昼は前にも行った近所のお茶屋さんのカフェに出かけました。
d0326056_2257848.jpg


穏やかな時間が優しく過ぎて行きました。

そんな中、嬉しいご対面がありました。

実はこのブログを読んでくださっているボストンテリアのくぅちゃんママさんが
イザベルに会いに来て下さいました。

偶然なのですが、お家もご近所。
子供も同じ小学校に通っていて、本当に不思議なご縁です。

くぅちゃんママさんのブログにイザベルさん登場しています。

イザベルのお陰で本当にいろんな出会いがありました。
イザベル、ありがとうね。

くぅちゃんママさん、会いに来て下さって本当にありがとうございました!!


夕方にはお友達がイザベルを見送る私を気遣って家にお菓子を届けてくれたり
いつも町内をまわっているガス屋さんがイザベルにお別れを言いに来てくれたり
Facebookでも
沢山の友達がイザベルの事をずっとずっと見守ってきてくたり、

本当にいろんな人達に支えられて
ここまでこれたんだなぁ・・・と
今までの日々を振り返っています。

あっという間の11ヶ月。
d0326056_23313720.jpg


イザベル、大きくなりました。



そして、ずっとずっと後回しにしていた最後の仕事。

それは手紙。

d0326056_23121190.jpg

息子も一生懸命に書きました。

折り紙でイザベルをおって
それを手紙に張って

いろんな気持ちをあの子なりに書いていました。

d0326056_23125056.jpg
娘は・・・というと。

涙をぼろぼろとこぼしながら
何度も何度も筆をとめては
涙を拭いて
手紙をしたためていました。

何を書いたのかな・・・
私は読まなかったけど
きっとあの子なりの思いを一生懸命に綴ったのでしょう。

その後何度も何度もイザベルを抱きしめてベッドに行きました。

明日目が腫れてなければいいけど。



はぁ・・・

ダメですね。
もう、さすがに私ボロボロです。

d0326056_23251071.jpg


イザベル
我が家で最後の夜だよ。

d0326056_23253982.jpg

もう、二度と
ここでこうやって一緒に過ごす夜は無いんだよ。


どんな夢をみているのかな。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-25 23:35 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(6)

思い出に包まれて

今日はもう一つ日記を書きます。

イザベル入所まであと3日。

そろそろ現実を受け入れなければならず
いろんな書類を書き始めました。

書類が届いてから
気が向いた時に少し書いてはやめて、
またちょっと書いてはやめてを繰り返しているので
使っているペンの色や書体が毎回違ってしまっています。

盲導犬協会の皆さん、読みにくいだろうなぁ・・・。
すみません。

そして、提出物のひとつにイザベルと一緒の家族写真1枚。
d0326056_14192019.jpg


先日写真を撮って頂いた写真屋さんに無理を言って
データだけ先に頂いたので
いくつかプリントしました。

この写真は犬舎に飾ってくださるそうです。

どれにしようかなぁ・・・・。


そういえば今日登録している富士ハーネスクラブからのメール配信がありました。

★パピーウォーキング修了式を行います★

昨年6月20日に産まれて8月に委託されたパピー達の
パピーウォーキング修了式が行われます。

・・・ってこれ、イザベルたちの修了式だ(当たり前ですね、あと3日だから・・・)


はぁ。(涙)

このメール読みながら
やっぱり泣いてしまいました。


先日友達が教えてくれました。

”悲しい、寂しいという気持ちは相手を愛おしいと思っているからこそ生まれる素直な感情”だと

私はやっぱりイザベルと別れるのは
悲しいし、寂しい。

だけど、
だけど、

イザベルを頑張って笑顔で見送りたいと思っています。

出来るかどうかわからないけど。


ちなみに、


パピーウォーキング修了式はどなたでもご参加頂けます。

パピーウォーカーに興味がある方、
富士ハーネスに遊びにこれられう方、

もしよかったらイザベル兄弟7頭の門出を一緒に見送ってやってください。

★日時 7月27日(日) 13時~

★会場 富士ハーネス 多目的トレーニングルーム

です。



息子と一緒に朝から虫取りに駆り出されたイザベル。

d0326056_1414248.jpg


歩いてすぐの公園なのですが
暑くて10分で終了。

富士は少しは涼しいのかな?
イザベルが過ごし易ければいいのだけど・・・。


いろんな思い出に包まれて
イザベルさんは
旅立っていきます。


はぁ・・・・
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-24 14:44 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(6)

日本平花火大会

昨日は日本平の花火大会でした。

『華麗なる一族』のロケでも使われた日本平ホテルの見事な庭園で
花火を愛でる事が出来る素敵な花火大会なのですが、
この日は車での乗り入れが禁止されていて、ホテル庭園で花火を見る為には
バスを利用することに。

イザベルさんバス無理だぁ・・・

そんな時、花火観賞の為にショッピングセンターの屋上を開放すると知って
問い合わせて見ると、わんこもOKとのこと。

なので・・・

じゃーーん!
d0326056_8524722.jpg


計算外だったのは、
すぐそばにわんこが登場したこと(苦笑)
d0326056_8533791.jpg
おお!お仲間発見!


イザベルさん、PR犬や富士ハーネスの訓練犬とは
本当に穏やかに過ごす事が出来るのですが
家庭犬はちょっと苦手。

最初はちょっと吠えてしまいましたが
その後は落ち着きを取り戻して
おとなしくしてくれました。

良い訓練になりましたね(苦笑)

夜空に現れては儚く消えていく花火を見ながら
イザベルと過ごした日々を
心穏やかに思い出していました。


今日は木曜日。

あと3日でイザベルがいなくなるなんて、何だか信じられない。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-24 09:01 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(0)

術後の生活

・・・と、
その前に、先日新聞でみつけました!
d0326056_97561.jpg
日本盲導犬協会の広告。ACとのタイアップです。
テレビでもやっていますが、私は丁度うたた寝していて
息子が「あああ!!盲導犬のコマーシャルやってる!」といった声で目覚めて
最後の「AC~♪」というところしか見られませんでした。

このCM撮影、なんと世界の小澤征爾さんがボランティアで出てくださっているのです。
盲導犬クロス君を見ながら、イザベルがいつかこんな風にユーザーさんとお出かけするのかな・・・と
思いを馳せています。

いろんな方々の愛に支えられているんですね。
盲導犬への理解が深まるといいなぁ・・・・。




さてさて、本題に戻って。


家に戻ってきたイザベルは、傷口を舐めたりしないのでエリザベスカラーは必要ないのですが、
患部が痒いみたいで、後ろ足でかこうとする為
マナーコートが欠かせません。
d0326056_848265.jpg


思ったより元気なイザベルですが、やっぱり術後少し堪えているのか
日中も殆ど寝て過ごしています。
d0326056_850513.jpg
もう一匹一緒に寝ていますね(笑)
それも爆睡
d0326056_851658.jpg

以前は昼間どんなにグッスリ眠っていても
私が動くと、はっと起き上る事が多かったのに、
今はよっぽど安心してくれているのか
全く動きません。(笑)
d0326056_8515990.jpg
にょーーん


お外に行く時も傷口が直接触れないように洋服を着せています。
こっちは前足二本だけ入れるタイプ。
d0326056_8545782.jpg
やったお散歩や~♪


マナーコートも散歩用のお洋服も
それぞれ2枚ずつ協会が用意してくださいました。

d0326056_8555541.jpg


お散歩は全く問題なく普通に行けます。

そうはいってもやっぱり術後。
私も慎重になっているので
走らせないように、無理のないように
抑え目な散歩に
イザベルは正直物足りない様子です。

お庭にも行きたがりますが、絶対に全力疾走するのでリードにつないで出してあげています。



ただ、夕方になるとお外をじーーーーーーと見つめるので

結局は・・・・
こんな感じで
夕涼み
d0326056_8593762.jpg
にゃはは~♪
VIP待遇やで~。

蝉の声を聞きながら
d0326056_8595651.jpg

まったりした時間を過ごしています。

そして、やっぱりここが好き。
d0326056_902415.jpg




傷口、毎朝欠かさずチェックしていますが、
今のところ腫れたり出血したりもなく、順調に回復しているようで良かった。

最初はこのタイミングでの手術に
本当に動揺して泣いてばかりしましたが
今思うと、私は一体何が悲しかったんだろう?と思う程
すっきりしています。

そう思えるのはやっぱりイザベルの体調が良くなってきているから。

そして、このタイミングで手術を決断してくださった日本盲導犬協会に本当に感謝です。


イザベルが私達との日々をいつか忘れてしまったとしても
私はそれでいいと思っています。

ただ、イザベルの心が
ずっとずっと幸せで満ちていってくれたら
それでいい。

幸せを一杯感じたイザベルは
きっと誰かを幸せにしてあげられると思う。

d0326056_9164949.jpg


私達パピーウォーカーが出来る事は
愛情を注いで育てる事だけど、
それがやっぱり一番大切なんだなと
改めて感じます。

今日は火曜日。
入所まであと5日。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-22 09:26 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(8)

お帰り!そしておめでとう!

入所まであと丁度1週間。
今日はイザベルの月誕生日。今日で1歳1ヶ月になりました。おめでとう!!

そして、今日術後のイザベルを迎えに富士ハーネスに行ってきました。
d0326056_17422887.jpg
イザベルさん、思っていたより元気でした♪

「イザベル~!!」と声をかけると
物凄く嬉しそうにやってきてくれました。

イザベルは傷口を後ろ足でかいてしまうので、マナーコートを着せる事になりましたが、
イザベルさん、ご存知の通り、ラブラドールなのに柴犬サイズ(笑)

一番小さいマナーコートでもぶっかぶかです。

イザベルさんは富士ハーネスについた日は、ちょっと寂しそうにしていたそうですが、
それは絶対に大好きな訓練士さんが夜に帰宅してしまったからだなぁ~(苦笑)
訓練士さんもお家に帰っちゃうのよ~。

でも、2日目からは富士ハーネスにもすっかり慣れて本当にお利口にしていたとのことで
ほっとしました。

また金曜日の術後に医療スタッフの方と電話でお話させてもらったり
訓練士さんからも連絡を頂いたり、

離れていてもイザベルの様子がある程度私達に分かるように
いろいろとご配慮頂いて、富士ハーネスの皆さんには本当に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。

d0326056_17465442.jpg
イザベルおうちに帰るよ~!


ワン!

家についたイザベルは
懐かしそうに我が家の中をうろうろ、
お庭をうろうろ。

おとーたんが庭の芝刈りをしているのを、
一緒にのんびり見つめて午後は穏やかに過ごしました。
d0326056_1752180.jpg


イザベルが走りまわったらダメなので
リードをもってお庭へ。

イザベルはそれがちょっと不満だったようで、
d0326056_1752564.jpg
まみーなんではなしてくれへんの?
d0326056_17533646.jpg
ボールで遊んでくれへんの?


・・・と目で会話してくるんですよね。

ごめんね~、イザベル。


でも後でのんびりお散歩行こうね。


イザベルも自宅に戻ってちょっとほっとした様子でした。
いつものクッションをみつけて嬉しそう。
d0326056_17541649.jpg

これ、あたちのクッション♪♪


兎にも角にもイザベルが元気そうで
本当にほっとしました。


イザベル、お帰り~!!

残り1週間もよろしくね。
[PR]

by tomopurijpn | 2014-07-20 18:09 | 1歳1ヶ月~入所まで | Comments(12)