パピーウォーカーのススメ

パピーウォーカーってお別れがつらいよね・・・?
興味はあるんだけど、お別れの事を考えたら、ちょっとね・・・
d0326056_18182457.jpg

パピーウォーカーをやっているというと、必ず聞かれる事です。

以前の私も同じような気持ちでいて、絶対に自分にはパピーウォーカーは
無理だな~っと思っていた一人です。

じゃあ、そんな私がなんで??
今日はこのあたりの事を書いてみたいと思います。

悲しさや、さみしさの感情を数値に表すことができないので
これは、もう本当に個人の感じ方だと思いますが、
私は・・・
相当別れに弱いタイプです。
d0326056_18193963.jpg

自分が大切に育ててきたパピー。
預かり犬だとわかっていても、やっぱりやっぱり・・・
別れるとなると、それはそれはとっても辛いです。
d0326056_18204074.jpg

イザベルを入所させる時、私はもう号泣でした。
はっきりいって、ボロボロになるくらい泣いて落ち込みました。

そんな私を見て、訓練士さんがこうおっしゃったのです。

「泣いていいんですよ、我慢なんかしないで、思いっきり泣いていいんです。
悲しくて当たり前です。
だって、こんなにも大切に育ててくださったんだから。
その涙も気持ちも、ちゃんと私たちが引き継いで
ずっと大切にしていきますから、安心してください。」

私はこの言葉に、ものすごく救われました。
なんて優しい人たちなんだろう・・・。

そのままの気持ちでいいんだ・・・
素直に悲しいって思っていいんだ・・・
そのことにとっても救われました。

もし、
泣くな!!!我慢しろ!!パピーウォーカーだろ!
お別れは最初からわかっていたことだー!
なんて言われたら、

きっと私、2頭目を育てようとは思わなかったと思います。

でも、
こうやって、大切に育ててきた私たちの気持ちを
ちゃんと理解してくださって、
別れることが辛い気持ちもくみとってくださって、
思いっきり泣かせてくださる協会の皆さんの優しさに、とても感謝しました。
d0326056_182296.jpg

だから、ウォルターに会えた。

もちろん、お別れは辛いです。
だけど、
この子達には明るい未来があります。
d0326056_18241926.jpg

この別れは、さよならだけど、終わりじゃない。
明日がある、続きがある、未来があるお別れ。
そう、この子達にはあたたかい明日がある。
そんなお別れ。

私はイザベルにもウォルターにも感謝の気持ちでいっぱいです。

生まれてきてくれてありがとう。
d0326056_18271682.jpg

うちに来てくれてありがとう。
d0326056_18283812.jpg

こんなに素敵な思い出をありがとう。
d0326056_1829625.jpg


お別れに負けないくらいの、大きな宝物をこの子達からもらいました。

こんなに楽しい経験をさせてもらえて、
私がお礼を言いたい気持ちです。

そして、それが、誰かのためになるなんて、
とっても素敵な事だと心の底から思っています。


お別れがかすんでしまうほど、きらきらしている、今のイザベル。
d0326056_1834716.jpg


本当に楽しそうにPR活動やっています。
イザベルは私の誇りです!

人間味あふれる人たちが、愛情もって盲導犬を育成しています。

別れたくないって泣いたっていいんだよー、
素直な気持ちで、向き合ってこそ、人間の事を信頼するわんこに育つのだと思う。


立派じゃなくちゃパピーウォーカーってできないの?

そんなことないないない!!私なんて毎回夜逃げ考えちゃう(笑)できないけどね・・・。
全然立派なパピーウォーカーじゃありません。
d0326056_18373784.jpg

でもね、たっぷりの愛情があれば十分。

犬飼ったことないけど、大丈夫?
d0326056_18411882.jpg

月に一度協会で兄弟犬が集まってパピーレクチャーというしつけ教室が行われます。
そこで、なんでも相談にのってくださいます。

もちろん、困ったら協会に電話したら、その都度アドバイスもくださいます。

入所の時は、一緒に思いっきり泣きましょう!
d0326056_18422510.jpg

そして、
立派になった姿をみて、
d0326056_18445456.jpg
また一緒に泣きましょう!


ラブラードールって好きなんだけど、
d0326056_19174848.jpg

やんちゃって聞くし、大型犬だからしつけ難しそうだよね・・・・
そんな方!

犬と暮らしてみたいけど、いきなり何年も犬と暮らすのが不安・・・
d0326056_19183913.jpg

そんな方も!
d0326056_1919360.jpg

一度私達と一緒にパピーを育ててみませんか?


日本盲導犬協会 神奈川訓練センターでは
パピーウォーカーを大募集しています。

イザベルやウォルターのようなパピーたちと
過ごす、素敵な時間を
人生の宝物にしてみませんか?

興味のあるかたは・・・こちらへ!

d0326056_19194743.jpg


その優しさは、誰かの笑顔につながっています。

d0326056_19245745.jpg


まってるよーーーん!


この仔たちを心待ちにしている人がいるから・・・
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-30 19:25 | ウォルター生後9ヶ月~10ヶ月 | Comments(10)

祝★9ヶ月&募金活動

月末恒例の月誕生日!
そして、月末恒例の獣医さんでのこの顔!
d0326056_20515029.jpg
しょぼーーーん

毎度期待を裏切らず、この顔やってくれます。
そんなに嫌なのかい?(苦笑)

でもね、この日は食べるフロントライン。
こんなにしょぼーんとしたのに、その後大喜びでした。(笑)

そして・・・ウォルター君28日で生後9ヶ月になりました。
健やかに育っています~♪
d0326056_20534957.jpg


この週末は募金活動に参加してきました。

土曜日はほんのちょっとだけお顔を出して、
日曜日はがっつり!
ご一緒したパピーのイーサンは4ヶ月
d0326056_20553198.jpg
かわいいーーー♪

PR犬はご存知フィオーレ
d0326056_2056194.jpg

ウォルターがわちゃわちゃしてごめんねー、フィオちゃん。

そして、PR活動のベテラン、オータム
d0326056_2141647.jpg


ウォルターはどうしてもフィオーレにあそぼーーーオーラがでてしまうので
抱っこして皆さんにご挨拶♪
d0326056_2144539.jpg

d0326056_215110.jpg
小さい子供にはもう慣れまくっているウォルターにとって、ちびっこはお得分野。
沢山なでなでしてもらっていました。

そして、ゆるきゃらの竹千代君とはこの2日間の間にとっても仲良しになりました~♪
d0326056_2164166.jpg

ウォルター、ゆるキャラもOKです。
でも、不思議な事に、他のゆるキャラは知らんぷりしているのですが、竹千代君にだけ、しっぽがんがん振っていました。
中に入っている人・・・訓練士さん?って思うほど(笑)
d0326056_2182440.jpg

あー。また文句言ってる~!!!ウォルター!!


今日の募金活動で遊びに来てくれた黒ラブのデイジーちゃん。
知っている方のわんこです。

実はイザベルの時に家庭犬との距離感をどうとったらいいのか、
このあたりはものすごく難しい課題で、協会の考え方や、犬の個性、
いろんな事を考えて行動しないといけないので、一概にこうしないさい!とは
言えない分野なのですが、
ウォルターを育てるにあたって、私の中ではここは大きな課題で、超えたい山でもありまして
いろいろ試行錯誤していますが・・・

ウォルターくん、上手にご挨拶できて、
そして、途中ちょっとほえちゃったけど
最後は落ち着いて並べるところまでできました。
d0326056_2112093.jpg


これは、相手のわんこの性格もものすごく大切で、
デイジーちゃんは優しくて穏やかなわんこだったので、
ウォルターにちょっと協力してもらいました。

とってもいい勉強になったね!ウォルター!!
デイジーちゃんありがとねー!

どんな犬とも、普通に穏やかにいられる、
犬とあっても興奮しないでいられるようになるといいなー。

沢山の方々と触れ合ってすごした一日。
ウォルターにとっても私たちにとっても、とっても楽しい一日となりました。

募金にご協力いただきました皆さま、
本当にありがとうございました!
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-29 21:17 | ウォルター生後9ヶ月~10ヶ月 | Comments(2)

盲導犬を見かけたら・・・

d0326056_21182790.jpg
まいど、ウォルターです。

みんな、盲導犬と街であったら、どうするか知ってる??

★どんなにわんこ好きでも、知らんぷりしてなー!

★じーーーとわんこの目を見たり、口笛とかあかんでーー!

★食べ物なんかもってのほかやでーーー!!絶対にあげんといてや!!
盲導犬ちゃんとおいしいご飯もらってるから!!

★もし、信号で盲導犬つれてる人みかけたら、信号が変わった時に、「青になったよ!」って言ったって!


マミーが僕を一生懸命に育てているのはな・・・
目の見えない人、見えにくい人に
盲導犬と一緒に普通に街を歩いてほしいからやねん。

マミーのお母さん、実は緑内障と白内障で、手術して人口水晶体ってやつが
目にはいってるねんて・・・。

マミーのお母さん、失明寸前やったって・・・。
それからマミー、盲導犬育てようっておもったんやって・・・

あの人も、いろいろ考えてるねん。。。
単なる犬好きだけちゃうねんで。。。
だから、僕の事も一生懸命育ててるんやって。
あんまり、言ってなかった話やけど、
マミーもいろんな思いを持って、盲導犬育ててるみたい。
d0326056_21252222.jpg


盲導犬はお利口やけど、タクシーみたいに、
どこどこつれてってやーーーっていって、行けるわけちゃうねん。

ユーザーさんが地図を頭にいれて、盲導犬に支持を出していきたいところに行くねん。

でもな。

もし、街でこまってそうなユーザーさんいたら、お手伝いしましょうか?って声かけてな!
盲導犬ユーザーだけちゃうで!!
白杖もってる人もそう。
信号変わったのわからんし、信号ない交差点一杯あるし、

自分がもし、目が見えなくなったら・・・って考えてみてな。

d0326056_21281071.jpg


盲導犬だけじゃなくて、介助犬、聴導犬、いろんな働くわんこがいるけど
街でもし見かけたら、
困ってないか、ちょっと気にかけてみてな。

それは、もしかしたら明日の自分かもしれへん・・・

でもね・・・盲導犬は人間の犠牲になったらあかんねん。
盲導犬も犬!
だから、ちゃんとかわいがって、愛情持って育てて、接していかなあかん!!

それをちゃんとわかった人たちが盲導犬を育って、盲導犬に携わっていたら
盲導犬も幸せになれるねん。

だから、マミーは僕の事めっちゃ愛してくれてるねん。



今週の土日に静岡のツインメッセで行われる産業フェアで日本盲導犬協会も募金活動に参加します。
ウォルターはマミーと一緒に日曜日に募金活動のお手伝いに参加します。

盲導犬育成のための募金活動に、是非是非ご協力よろしくお願いします!

d0326056_21352830.jpg

がおーーーー
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-27 21:37 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(16)

ウォルターと猫

「マミー!!!ダイゴほしい!!」

と息子。

ん?ダイゴ??

あのウィっシュ!!ってやつ?

違うってば・・・

ダイゴって、このこ!

にゃああああお
d0326056_1655880.jpg
まいど、ぼく、ダイゴです。


えええ???猫??


我が家の近所にあるペットショップの軒先に

”このこ。もらってください。 名前は ダイゴです”

と書いてあって、このこがリードにつながれています。

息子も娘も通学路なので、毎日この猫と遊んで帰ってくるそう。
(だから帰りが遅いのか?)

「マミー、ダイゴいい子だよ!ねえ、うちで飼おうよーーー」

はい!ちょっとまった!!!

あのね、動物ってそんな安易に飼ったらだめなんだよ。
飼ってみて、あ、やっぱり違った・・・なんていって捨てるわけにはいかない。
その子の一生をきちんと面倒見れないなら、絶対に飼ったらだめなの・・・・

と私の長い長いお説教が始まりました。

正直なところ、私は猫を飼ったことがないので、猫がどんなもんなのか?
猫の良さがどうなのか?
皆目見当つかないのです。

主人の実家はいつも猫が複数いた家なので、
主人は猫の事、よく知っていますが、私は全くわからない・・・。

それにね、ウォルターとの相性もあるし、
それでいうと、イザベルとの相性も(どこかで戻ってくるかも・・・と期待をしている?)
これから来るわんこたちとも、もし、相性悪かったら
どうするんだ!!!

・・・というものの、
とりあえず、子供たちに連れられてダイゴのところに行ってみた。

もちろん、この人も一緒。
こんにちわんわん!!
d0326056_16141265.jpg
なんだなんだ!
d0326056_1616889.jpg
この黒い仔なになに??
d0326056_16163672.jpg
しゃーーーーーー!

結論。

・ウォルターは猫に対してとっても友好的だということが分かった。
・ダイゴはウォルターに対してものすごく警戒しているということが分かった。
・私は犬と子供で手一杯で、そもそも猫を飼える精神的、肉体的余裕がないということを再確認。(苦笑)

…ってわけで、ダイゴはまだこのペットショップの軒先で毎日のんびり暮らしています。

確か・・・ウォルターの所属している協会は、猫がいてもパピーの受け入れはできるんだけど
でも、やっぱり、私が無理です。(苦笑)

無理は禁物。

子供たちに事情を説明して、ダイゴとはこれからも
登下校の途中でかわいがってあげようということにしました。

家に猫がいたら、パピーの育ち方も変わってくるかもね~。
きっと、子供と同じで、猫に対して殆ど反応しなくなって、
もしかしたら、とってもいいことなのかもな~。

でも、やっぱり無理だな~。

ダイゴはとってもいい仔でした。
どうか、ダイゴにいいご縁がありますように。
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-26 16:28 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(6)

ずっと一緒だよ♪

ずっとずっと一緒にいられないPW。

でもね、私、イザベルとウォルターとずっと一緒にいられます。

だってね、ほら、みて!
d0326056_1195322.jpg
イザベルとウォルター!

わん工房 ひなたぼっこさんにつくっていただきました。

羊毛フエルト人形。

イザベルとウォルター、それぞれの特徴を本当によくとらえてくださっていて
見た瞬間ポロリと涙が出てきました。

この子達はずっと我が家に残ります。

ずっとずっと一緒だよ。
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-24 11:13 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(6)

ライトアップ!

3連休。
我が家は娘が定期テスト前なので、お出かけもできず
息子は朝から近所の友達と秘密基地作りの続きをやっていて、
家の中で退屈なウォルターと私。
d0326056_17294171.jpg


…てな訳で、重い腰を上げて
クリスマスツリーを出しました。

点灯!
d0326056_17194997.jpg

ウォルター光ってる!!!

ふふふ、これ、ものすごくいいんですよー。

これ、盲導犬支援ショップに売っているのですが、
暗がりのお散歩に最適です!!

ここで買えます!
d0326056_17223177.jpg

夕方、これをつけてお散歩に出ると、車にすぐに気付いてもらえます。
d0326056_17232293.jpg

日が落ちる前でももう薄暗いですもんね。

こうやってライトアップしていると、
夕方のお散歩も安心して歩けます!

お散歩の後は・・・・
大好きなねえねの背中でくつろぐウォルター。
d0326056_17261656.jpg


ねえね、テスト頑張って~♪ってウォルターからも力もらってる?(笑)

d0326056_17274693.jpg

私は力もらってるよ~!!
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-23 17:30 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(10)

穏やかな毎日を・・・

d0326056_1141794.jpg

ウォルターとの毎日。

とっても穏やかになってきました。

わちゃわちゃしていた、パピー時代から、
ようやく訪れた、穏やかな日々。

あ・・・・でも、ずっとじゃないですよー。

嬉しくてはじけちゃうこともあるし、
文句いって吠えることもあるし、

でも、静かだなーって時間が増えました。
d0326056_11441843.jpg



パピーウォーカーをやっていることで、もちろんお別れは悲しいけど
私たち家族は、いろんな意味で救われています。
犬の存在って本当に大きい。

ウォルターに出会えてよかった♪
ウォルターを育てられてよかった♪

ウォルターうちに来てくれてありがとうね。
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-18 11:46 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(6)

是非見てくださいね♪ユーザーさんの声!

補助犬への理解を深める・・・。
知らないとなかなか難しいのかなと思います。

じゃあ、どうやって知ったらいいのかな??

こんなサイトがあります

お時間のあるときに是非ご覧になっていただければと思います。

補助犬ユーザーさんたちの生の声です。

私は盲導犬の事は少しは知っていますが、介助犬の事はあまり知らずにいましたので、
とっても勉強になりました。

知っていることで、行動できることも沢山あるのかな・・・と思う今日この頃です。^^

補助犬の入店拒否がなくなるといいなぁ・・・。


今日ものんびりウォルター。

d0326056_14222263.jpg
みーたーなーー!
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-17 14:24 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(2)

続★トイレの話  ウォルターへのプレゼント

今週は雨が続きましたよね。

あー、ワンツーサークル片付けちゃったし・・・・
でも、雨結構降ってて、濡れるの嫌だな・・・・

と思った私。

そういえば・・・盲導犬のトイレの目指すところは・・・

いつでも、どこでも、声かけで!

どきどきしながら、リビングに新聞紙を広げて、
トイレシーツを敷いて、
ワンツーコールをしてみたら・・・・

ウォルター、普通にワンできました♪

おおお!!ウォルター隊長!やればできる仔 YDK!

じゃあツーはどうかな・・・・

すぐさまワンツーベルトをつけて、
リビングで声かけしてみたら・・・

ウォルター隊長、外を見ます。

ウ 「マミー、ツーはお外がいい・・・」

マ 「ウォルター、お外土砂降りで、マミー濡れるの嫌だ・・・」

ウ 「ここで?」

マ 「ここで!」

こんな会話をして・・・・ウォルター隊長、ワンツーベルトをして、ツーをリビングでしてくれました。


私、実は涙が出るほどうれしかったんです。

ああ。これって・・・・毎日頑張ってきたからだなーーーって(涙)

d0326056_2171799.jpg


今日はパピーレクチャー。
ウォルターを連れて富士ハーネスに行きました。

ウォルターお気に入りの訓練士さんにお会いした時に、この話をしました。

すると

ああ、それって、すごくいいですよー!
ユーザーさんがものすごく助かるんですよ!!と
ほめて頂きました。

外でも家でも、どこでも声かけで排泄ができる。
それは、ユーザーさんにとって、盲導犬との生活を楽にすることができます。

ウォルターはまだそこまではいってないけど、
時間が合えば、どこでもできるようになってきました。

山の頂上がちょっと見えてきたかなー!って感じです。


いろんなところでのトイレの練習。

次は家のお風呂場!

ここでウォルターがトイレをできるようになったら、
ものすごーーーく、訓練が楽になるそうです。

でも、あせらず、のんびり、ゆっくりと!
お庭でのトイレもウォルターにとっては気持ちのいいこと。

場所をいろいろ変えながら、
ウォルターが楽しく覚えてくれるように、
沢山ほめて、あせったり、無理強いすることなく、
のんびりやっていけたらいいなと思います。


パピーウォーカーって脇役なんです。

ウォルターの人生の中で、私が関わるのはほんの10ヶ月。
ほんの・・・10ヶ月なんです。

ウォルターが盲導犬になったら、
ユーザーさんと過ごす時間の方が何倍も長くなるし、

ウォルターがキャリアチェンジになったら、
家庭犬になって新しい家族と終生過ごすことになります。

私は・・・・
こんなにウォルターを愛しているけど、
ウォルターの犬生の中では
脇役なんだなーって
しみじみ思います。

でもね・・・・

夜泣きするウォルターに寄り添って夜を過ごしたことも、

甘噛みに血をにじませたことも、

パピー時代のかわいいウォルターを独り占めできたことも

私にとっては幸せな思い出♪

同じように
ウォルターが上手にトイレができるようになったら・・・
それは・・・私が教えたから。

ウォルターの一生。ずっとずっと
トイレをするたびに、
ウォルターは無意識に私が教えたトイレの感覚できちんと排泄をするでしょう。

それは、私がウォルターにもたせてあげられる
一生のプレゼントなんだと思います。

だから・・・

私は、きちんとウォルターにトイレを教えたいと思います。

沢山ほめて、沢山愛してね♪

d0326056_21201182.jpg


ウォッちゃん
のんびり、楽しくやっていこうね
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-15 21:34 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(11)

我慢させないパピー育て フード編


盲導犬パピーは我慢ばかりでかわいそう・・・といわれることがよくあります。
でも、私はウォルターに我慢をさせないように育てています。
具体的に言うと・・・

まず、フード。
ウォルターの協会では、フードは各々犬にあったフードを指定されていて、それを、カロリー計算された上で与えています。
フード以外の食べ物は禁止です。

これだけきくと、おやつを我慢しているんだ・・・とか
人間の食べ物だめなんだ・・・とか
感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ウォルターはフード以外のものを食べた経験がないので、
おやつが食べたい・・・とか人間の食べ物に興味を持つことがありません。

これが、一度でも食べた経験があると・・・もう、それは絶対にかわいそうです。

おいしい!それ、しってる!!となると、犬も食べたくなり、
それをもらえないことで、ストレスが発生して、
よだれを垂らしながら我慢をさせなければなりません。

ほんのちょっとでも・・・という気持ちが逆に
犬を苦しめることになります。


でも、食べた経験がないと、欲しがることもありませんし、興味ももちません。

なので、私は絶対にウォルターにフード以外のものは与えませんし、
自分たちが食事をしているときはケージに入れています。

すべて、ウォルターに我慢をさせない、私の愛情です。

以前、盲導犬ユーザーさんが、
私が焼き肉屋にいけるのは、この仔のパピーウォーカーさんが、
人間の食べ物を与えないでいてくださったおかげです。とおっしゃっていました。

いつも、私はそのユーザーさんのその言葉を胸にウォルターを育てています。

街中で盲導犬にかわいそうだとえさを与えようとする方がいらっしゃいますが、
その1回が、逆に犬にとってものすごく辛い我慢の始まりになります。

ちょっとだったらいいかな?と思うことは、
結果は犬に辛い思いをさせてしまうのです。

街中で盲導犬を見かけたら、絶対に食べ物を与えないでくださいね!!

知らないかたがいらしたら、是非こんなお話をしてくださるとうれしいです。


ウォルター、ものすごく健康です!^^
d0326056_1043989.jpg


今日もストレスフリーで楽しく成長中!!
[PR]

by tomopurijpn | 2015-11-13 10:05 | ウォルター生後8ヶ月~9ヶ月 | Comments(6)